ロングアイアンの心構え

ドライバーやフェアウエーウッドでは、フェアウエーの幅内に納めれば、飛距離が伸びるほど良いという種類のゴルフクラブです。その一方で、アイアンクラブになるとグリーンに乗せ、ピンに寄せることが目的のクラブです。つまり、番手ごとにコンスタントに飛距離が出る必要があります。

例えば、8番アイアンで160ヤード飛ばしたなどと自慢げに話す人がいるものですが、アイアンに要求されるのは、正確な飛距離です。10発打って1発160ヤード飛ばすことよりも、10発全てを140ヤードのほうがずっと値打ちがあるのです。

そのための心構えとしては、番手ごとの自分の飛距離を正確に知っておくことです。そして、その飛距離より飛ばそうと意識したゴルフスイングはしないことです。仮に、7番アイアンで届かない距離だと判断したら、6番アイアンを選択すれば済む話なのです。

それでは、ロングアイアンのゴルフスイングについてお話しましょう。2番、3番のアイアンクラブはシャフトが比較的長いし、クラブフェースも小さい設計になっています。それにロフト角も小さいですから、簡単にボールは上がってくれません。自分から上げようと意識すると、いつの間にか上半身に力が入ってしまいます。

上半身のパワーでボールを上げようとすれば、右肩が下がってすくい打ちの状態を招きやすいことになります。こうなると、ボールの手前を叩く傾向が強くなり、トップする危険性も増加します。

これは、どのゴルフクラブでも共通して言えることですが「リキミ」はゴルフスイングをダメにします。逆に、求められるのはリズム感です。ロングアイアンを握った時でも、あたかもサンドウェッジを振るような感覚で、リズムよくテンポのあるゴルフスイングを心がけてください。

3番アイアンで180ヤードの飛距離が出せるゴルファーは、いかにして180ヤード飛ばしてやろうと意識するのではなく、150~160ヤード程度飛ばす気分でスイングしてください。こうした心の余裕が、結果的にリズムを良くして、ナイスショットを連発する元になるのです。