ドライバーをティーアップなしで打ってみる

フェアウエーウッドを上達したい方は、ドライバーをティーアップしないで打つ練習をすると効果的です。実際のラウンドでも、ティーアップなしでドライバーを打つゴルファーもいますし、フェアウエーからもドライバーを使うゴルファーもいます。

例えば、打ち下ろしで左サイドがOBになってるホールで持ち球がドローボールならば、左に曲がりすぎるミスをしやすい状況だと言えます。それを防ぐための作戦として、ドライバーをティーアップしないで打つことが考えられます。

しかし、アマチュアゴルファーがティーアップなしでドライバーを打ったり、フェアウエーでドライバーを使ったりする必要性はそれほど高くはないと思います。但し、フェアウエーウッドの上達を目指すための練習法として、ドライバーをティーアップなしで打ってみるのは効果が期待できます。

フェアウエーウッドが苦手な方は、ボールが上がるだろうかどうかについて不安な気持ちを抱えているものです。ロフト角度が10度付近のドライバーでは、ボールを上げようと意識してもかなりのヘッドスピードがないと、ボールはうまく上がってくれないでしょう

けれども、あくまでも練習ですからゴロが出ても構わないのです。ゴルフスイング自体はそれほど気にしないで、とにかく思い切って振り抜くことだけを考えて練習してみましょう。そして、何球かをドライバーで打った後に、スプーンに持ち替えて打ってみてください。

スプーンでアドレスした時点で、ロフト角が14度前後になったこっとがわかってボールが上に上がるように感じるでしょう。これはドライバーで練習した後に起きる錯覚にすぎませんが、その錯覚をうまく活用して、適度な高さのボールを打ち出すことを考えるのです。